カテゴリー
NFT

【注意】NFTには転売できない場合がある

NFTについて、このブログで初めて言及しますが、ここ数年、ブロックチェーンゲームを皮切りに、NFTに触れてきたため、昨今のNFTブームで語られていない、転売ができることについての実際を紹介したいと思います。

サムネイルはPRTIMESでブロックチェーンと調べた時のプレスリリースが頻出している様子

NFTとは

NFTはノンファンジブルトークン、非代替性トークンの略称で、一つ一つがそれぞれ別物の価値を持つデジタルアイテムのことです。

非代替性とは、自分の飼う猫と、他人の猫を、1匹対1匹で同じ価値として交換できないような状態、同じ猫でもそれぞれ違う価値があるような状態です。

逆に、代替できる物としては、例えば円があります。それぞれ100円玉と10円10枚は同じ価値で交換が出来ます。

2017年ごろより、ブロックチェーンゲームや、デジタルアートの場でNFTが用いられるようになりました。

2021年に入り、デジタルアートが70億円相当のETHで落札され、話題になり、NFTブームが始まりました。

様々なNFTが発行される中、その方向性には実は2つあり、それぞれ特徴や価値の源泉が異なります。

2種類のNFTと価値

NFTがの種類は、大きくわけて2通りに分かれます

何らかの使用用途のあるNFTと、使用用途の無いNFTの2種類。

それぞれ特色が異なり、何故そのNFTに価値が付くのかは全くことなります。

使用用途のあるNFTについて

使用用途のあるNFTの例で言うと、チケットや、一番活発なものでゲームのアセットです。

今回、ゲームについてをメインに例に上げ説明します。

使用用途のあるNFTの価値の源泉にはやはり、「強さ」が第一にあります。

レジェンダリーの強さだからこの価格である、強さによる価格帯。

そして、「珍しいか」のコレクション性に価値が付くこともあります。

シリアルナンバーが1であるものや、同じ強さのカードでもカードの装飾がレアであるもの(GodsUnchained等で見られる)、イベントで配布された数の少ないものなど、。

基本的には「強さ」を基準にした価格帯がある程度固まり、その中で、珍しいかどうかで変わります。

そして、その「強さ」は、どれだけ多くの人にアピールできるかのためのものです。

人が多ければ多いほど強ければ強いほど、価値がでます。

使用用途の無いNFTについて

使用用途の無いNFTには、アートやフォト、ビデオ、ツイートのトークン化などがあります。

いわば、記念アイテムのようなもので、印刷したり飾って個人的に楽しむことはできるも、それを使って何かをできることはありません。

ただそのNFTの権利を手に入れられるだけに、数億が動きます。

一番話題になったものは、やはりアートでしょう。

日本でも、様々なアーティストがNFTを発行しはじめています。

しかし、それらNFTは、アート性や内容が評価されて取引されたのかと言うとそうではありません。

この価値の源泉は、

・誰がどのように発行したか、

・発行した人とどのくらいの距離に近づけるか

・話題性

・どういうアイテムであり持っていること自体がステータス

・マニアはこれをもっと高額で欲しいに違いないと言う思惑

等による発行と落札のストーリー性やステータス性が重要となります。

本人が発行するようなNFTアートでは、「本人が、発行した最初のNFTアートだから」それだけの価格が付いた事例がいくつかあります。

本人がもし、NFTアートを発行する前に、自撮り写真のNFTをいくつか発行をしていたならば、価格は10分の1ほどに落ちていたかもしれません。

発行者との距離に関して言えば、最初のNFTを購入したとなれば、必然的に、本人へと認知されることとなります。

本人へのアピールができる場、ファンとしての熱量が価値になります。

これに反して、発行者に興味が無くても、話題性があるアートならば、買うことによって購入者自身が、有名になることができたり、周りからこの人はすごいと一目置かれることになります。

CryptoPunksやHashMaskなどは、所有することがステータスであり、所有できることへの価値がある場合もあります。

また、NBA Top Shotや波多野結衣氏の発行したNFT等、本人へアピールすることができる場としては薄くても、最終的なマニアがきっと購入するに違いないという思惑の元、価値が高まるNFTもあります。

逆に、これらのNFTにおいては、内容、アート部分に関して言えば、例え芸術的な絵であっても、あまり重要ではありません。

利用用途の無いNFTは、内容以外の状況が価値の源泉となります。

NFTは転売できるのか

さて、2種類のNFTについて違いを書きましたが、ここで、NFTと言えばの特徴として語られることも多い、「転売ができる」面について。

これも実は、この2つのNFTで違いがあります。

利用用途のあるNFTの場合

利用用途のあるNFTならば、人の多いゲームならば転売はある程度行えます。

ただし、長く持ち続ければ持ち続けるほど、価格が下がる場合が多いです。

価格が下がる理由として

・一般的に、ゲームの人気は最初が高くだんだん落ちていくことが多い

・ゲーム内でのNFTの強さの位置づけがだんだん薄まる

中には、AxieInfinityのように、元々人気ではあったもののそこまで人はいなかったゲームが、一気に大きくなっていくようなことや、仮想通貨のブームにのってほぼ価値が無くなっていたアセットが復活した事例もありますが、多くは人が少なくなるどころか、誰もいなくなります。

ある程度の時期までたくさん売買されていたものの、突然、誰も取引をしなくなり、どんなに価格をさげても売れなくなることもよくあります。

プレセールで値上がりを狙ってNFTを買ったものの、人が集まらずにリリースされずにそのままフェードアウトすることもあります。

また、人がいるからと言って、NFTの売買がほとんど行われていないようなものもあります。

そうしたゲームのNFTは、電子ゴミとしてずっとウォレットに残ることになります。

利用用途のないNFTの場合

ここは、非常に問題の部分です。

利用用途のないNFTの場合は、転売は基本的には行えない可能性が高い、と考えましょう。

利用用途のないNFTの価値には、どんな状況で誰から発行され落札したかが重要であることを上で述べました。

最初に発行した本人から買った時は、発行した本人に認知してもらえるというステータスが付きました。

転売時には、そのステータスは存在しません。

本人とは関係ないあなたから、転売購入者は、本人に知られることはないかもしれない物を購入します。

いわば、本人から認知されるチケット付きのNFTを購入し、使用済みNFTを転売したことに近しいのです。

ただし、価値の源泉が、所有することがステータスである場合や、最終的なマニアがもっと高額で買うと言う思惑で動いているNFTはこの限りではありません。

特に、後者の場合は、リリース直後に購入希望が殺到し、購入できた人が即数倍から数十倍の価格で転売する、といったことは珍しくありません。

が、並んで買っても原価割れするNFTも多く、数十回に1回くらいそうしたNFTに巡り会える可能性があるにとどまるため、よほど詳しく全体の様子を調べていない限りは、やけどをします。

総括

NFTは転売目的で買うのはリスキー

以上のことから、転売できることがNFTの特徴として上げられはするものの、価格がつかなかったり、価格が下がります。

よほど、プロダクトや市場に詳しくない限りは、購入した価格よりも転売時は大きく値を下げる可能性が高い、と言う点を理解した上で、転売できるという部分は忘れてNFTに触れていきましょう。

コメントを残す