カテゴリー
ロボット学習 教育

【小学生STEM】ロボットプログラミング教材としてKHR 3HVを導入した話

昨今のSTEM教育により、小学生もパソコンがとても馴染みのあるものになりました。
中でもプログラミング教育は、人気のならいごととしても上位に位置するようになるほどに。

そんな中、プログラミングの中でも、実際に動かして遊べる、ロボットプログラミングは、やはり、多くの方が興味を持つ分野では無いでしょうか。

これまでのプログラミング教材歴

これまで、いくつかのロボットをプログラミング教材として渡してきました。

micro:bitに、Ardiuno、タミヤのクワガタ型ロボットやボール型ロボット。

どれも一万円程度から以下の教材で、シンプルな動きができるものでしたが、

シンプルな動きの組み込みとなると、子どもが自分でやることもなかなか難しく、組み立てて少し動きを見せては終わることが多かったです。

KHR 3HVとは

近藤科学が展開する二足歩行ロボットです。

魅力としては、やはりなんと言っても自由に動かせること。

動画サイトなどを検索すると、縦横無尽に踊り回るようなKHRの動画が出てきます。

RoboOneなど、ロボットの大会にも使用される、大人も使うというか、大人が使うロボットです。

KHR 3HVとの出会い

私がKHRを始めてみたのは東京ビッグサイトで行われたMakersFairにて。

micro:bitの展示があるからと子どもを連れて行き、そこで見つけました。

こんな自由に動くロボットが、市販品なのか、と驚きました。

これまで作ったロボットを、さらにもっと大人になればこういうロボットで自由自在に動かせる、ということで、しばらく見せていました。

その時は、やはりこれまで一万円周辺のロボットを買っていたことから、その十倍以上の価格に、いつかそのうちね、と憧れだけをもたせることとなりました。

正直、子ども向けにしては、きっとプログラミングも難しいのだろうと、まだ早い、と思ってもいました。

それから一年、小学三年生になり、いつのまにかタイピングもそれなりに早くなり、スクラッチでプログラミングにハマっていたため、それじゃあ次はと、入手するにいたりました。

組み立て難易度

ネジが10種類、400本程度付属されています。

部品も多いので、戸惑いました。

ただ、袋に一つ一つアルファベットが振られているので、袋から必要なものを取り出すようにしていけば最後まで問題なく組み立てられます。

また、結構硬い所もあるので、ヒャッキンの細い持ち手の精密ドライバーだと指が死にます。

電動ドライバーを購入するか、持ち手の部分が太めの0番ドライバーを購入しましょう。

下記を入手しました。


電動ねじ回しさえあれば、ネジ穴自体は、ズレも少なく正確に作られているので、小学生もここにこのネジをと渡せば組み立てられました。

動作

Windowsで動くパソコンが必要です。

私の普段の環境がLinuxであった為、Windowsのパソコンを取り出す必要がありました。

Macもおそらく対応していないのではないでしょうか。

Windowsであれば、Win8以降対応と書いてあるものの、Win7でも公式サイトから説明書と一緒にダウンロードされるドライバーを実行する形でインストールして動かすことができました。

サンプルモーションの充実

逆立ちすることや、パンチやキック、充実したサンプルモーションがついています。

これを、コントローラーに割り当てるだけでも、プログラミング教材としてはとてもレベルの高いものとなりました。

モーションの組み立て

購入した、加速度センサー付きのパックだと、ロボットの状態があおむけかうつぶせかによる条件分岐で、うつぶせからの起き上がり、あおむけからの起き上がりを自動で切り替えるような状態によるモーションの分岐のサンプルがをそのまま導入することができました。

サンプルのモーションの姿勢をコピーして、新しいモーションを作ることもでき、

しかも、プログラミングを入力することなく、マウスのドラッグと値の入力で組み立てることができました。

プログラミングで入力する必要が無い為、子どもでも新しいモーションを作り出せる簡単さがありました。

(下記マニュアル参照)

コントローラーでの動作

コントローラーに、サンプルのモーションのボタンを割り振り、動かすこともできました。

一部、電圧の関係か、ボタンを押すと再起動になってしまう動きがあり、ここはどうするのだろうと悩ましいところはあります。

子どもの感想

自由にポーズをつけられるとのことで、習い事の空手の型をプログラミングしたいと意欲的です。

コントローラーで実際に自由にモーションを組み込めることで、今の所熱中している様子でした。

ただし、購入した17軸版だと、できないポーズもあるため、22軸へ拡張していかないといけないため、5軸追加はしっかり今の動きをマスターさせられたらとしています。

子どもに難しい点

電池がすぐに切れます。

そして電池の充電が割と硬いコネクションをはめて、ボタンを推し間違えないように設定して充電開始を押さなくてはいけません。

そのため、充電、電池のつけ外しは親がやらなくてはいけません。

また、電池が少ない状態で起動していると電池が爆発するような、怖いこともかかれているため、気軽に渡すにはもう少し高学年か中高生にでないと難しいかもしれません。

感想

ロボットプログラミング教材としては、最高級品だと思います。

高級すぎるため、将来理系に進んでほしい、数学が得意になって欲しいと言う思いが無いと、高すぎるおもちゃになってしまいます。

ただ、自由度が高いため、小学校から高校、なんなら大人になるまで第一線で使えるのではないでしょうか。

高級なロボット教材としては他にもありますが、やはり、二足歩行で自由に動かせるならば、教材からさらに趣味へと昇華させていけるので、長い付き合いになれるのではと思います。

むしろ、これさえあれば、もうこれ以上何か教材を買う必要も無い…とさえも。

ひとまずここまで

今の所、組み立てて、コントローラーにサンプルモーションを入れてみる、あたりまでを子どもができるようになりました。

自由にモーションを作れるようになり次第、続きの記事をアップしていきたいと思います。

AMAZONで購入

カテゴリー
NFT

【注意】NFTには転売できない場合がある

NFTについて、このブログで初めて言及しますが、ここ数年、ブロックチェーンゲームを皮切りに、NFTに触れてきたため、昨今のNFTブームで語られていない、転売ができることについての実際を紹介したいと思います。

サムネイルはPRTIMESでブロックチェーンと調べた時のプレスリリースが頻出している様子

NFTとは

NFTはノンファンジブルトークン、非代替性トークンの略称で、一つ一つがそれぞれ別物の価値を持つデジタルアイテムのことです。

非代替性とは、自分の飼う猫と、他人の猫を、1匹対1匹で同じ価値として交換できないような状態、同じ猫でもそれぞれ違う価値があるような状態です。

逆に、代替できる物としては、例えば円があります。それぞれ100円玉と10円10枚は同じ価値で交換が出来ます。

2017年ごろより、ブロックチェーンゲームや、デジタルアートの場でNFTが用いられるようになりました。

2021年に入り、デジタルアートが70億円相当のETHで落札され、話題になり、NFTブームが始まりました。

様々なNFTが発行される中、その方向性には実は2つあり、それぞれ特徴や価値の源泉が異なります。

2種類のNFTと価値

NFTがの種類は、大きくわけて2通りに分かれます

何らかの使用用途のあるNFTと、使用用途の無いNFTの2種類。

それぞれ特色が異なり、何故そのNFTに価値が付くのかは全くことなります。

使用用途のあるNFTについて

使用用途のあるNFTの例で言うと、チケットや、一番活発なものでゲームのアセットです。

今回、ゲームについてをメインに例に上げ説明します。

使用用途のあるNFTの価値の源泉にはやはり、「強さ」が第一にあります。

レジェンダリーの強さだからこの価格である、強さによる価格帯。

そして、「珍しいか」のコレクション性に価値が付くこともあります。

シリアルナンバーが1であるものや、同じ強さのカードでもカードの装飾がレアであるもの(GodsUnchained等で見られる)、イベントで配布された数の少ないものなど、。

基本的には「強さ」を基準にした価格帯がある程度固まり、その中で、珍しいかどうかで変わります。

そして、その「強さ」は、どれだけ多くの人にアピールできるかのためのものです。

人が多ければ多いほど強ければ強いほど、価値がでます。

使用用途の無いNFTについて

使用用途の無いNFTには、アートやフォト、ビデオ、ツイートのトークン化などがあります。

いわば、記念アイテムのようなもので、印刷したり飾って個人的に楽しむことはできるも、それを使って何かをできることはありません。

ただそのNFTの権利を手に入れられるだけに、数億が動きます。

一番話題になったものは、やはりアートでしょう。

日本でも、様々なアーティストがNFTを発行しはじめています。

しかし、それらNFTは、アート性や内容が評価されて取引されたのかと言うとそうではありません。

この価値の源泉は、

・誰がどのように発行したか、

・発行した人とどのくらいの距離に近づけるか

・話題性

・どういうアイテムであり持っていること自体がステータス

・マニアはこれをもっと高額で欲しいに違いないと言う思惑

等による発行と落札のストーリー性やステータス性が重要となります。

本人が発行するようなNFTアートでは、「本人が、発行した最初のNFTアートだから」それだけの価格が付いた事例がいくつかあります。

本人がもし、NFTアートを発行する前に、自撮り写真のNFTをいくつか発行をしていたならば、価格は10分の1ほどに落ちていたかもしれません。

発行者との距離に関して言えば、最初のNFTを購入したとなれば、必然的に、本人へと認知されることとなります。

本人へのアピールができる場、ファンとしての熱量が価値になります。

これに反して、発行者に興味が無くても、話題性があるアートならば、買うことによって購入者自身が、有名になることができたり、周りからこの人はすごいと一目置かれることになります。

CryptoPunksやHashMaskなどは、所有することがステータスであり、所有できることへの価値がある場合もあります。

また、NBA Top Shotや波多野結衣氏の発行したNFT等、本人へアピールすることができる場としては薄くても、最終的なマニアがきっと購入するに違いないという思惑の元、価値が高まるNFTもあります。

逆に、これらのNFTにおいては、内容、アート部分に関して言えば、例え芸術的な絵であっても、あまり重要ではありません。

利用用途の無いNFTは、内容以外の状況が価値の源泉となります。

NFTは転売できるのか

さて、2種類のNFTについて違いを書きましたが、ここで、NFTと言えばの特徴として語られることも多い、「転売ができる」面について。

これも実は、この2つのNFTで違いがあります。

利用用途のあるNFTの場合

利用用途のあるNFTならば、人の多いゲームならば転売はある程度行えます。

ただし、長く持ち続ければ持ち続けるほど、価格が下がる場合が多いです。

価格が下がる理由として

・一般的に、ゲームの人気は最初が高くだんだん落ちていくことが多い

・ゲーム内でのNFTの強さの位置づけがだんだん薄まる

中には、AxieInfinityのように、元々人気ではあったもののそこまで人はいなかったゲームが、一気に大きくなっていくようなことや、仮想通貨のブームにのってほぼ価値が無くなっていたアセットが復活した事例もありますが、多くは人が少なくなるどころか、誰もいなくなります。

ある程度の時期までたくさん売買されていたものの、突然、誰も取引をしなくなり、どんなに価格をさげても売れなくなることもよくあります。

プレセールで値上がりを狙ってNFTを買ったものの、人が集まらずにリリースされずにそのままフェードアウトすることもあります。

また、人がいるからと言って、NFTの売買がほとんど行われていないようなものもあります。

そうしたゲームのNFTは、電子ゴミとしてずっとウォレットに残ることになります。

利用用途のないNFTの場合

ここは、非常に問題の部分です。

利用用途のないNFTの場合は、転売は基本的には行えない可能性が高い、と考えましょう。

利用用途のないNFTの価値には、どんな状況で誰から発行され落札したかが重要であることを上で述べました。

最初に発行した本人から買った時は、発行した本人に認知してもらえるというステータスが付きました。

転売時には、そのステータスは存在しません。

本人とは関係ないあなたから、転売購入者は、本人に知られることはないかもしれない物を購入します。

いわば、本人から認知されるチケット付きのNFTを購入し、使用済みNFTを転売したことに近しいのです。

ただし、価値の源泉が、所有することがステータスである場合や、最終的なマニアがもっと高額で買うと言う思惑で動いているNFTはこの限りではありません。

特に、後者の場合は、リリース直後に購入希望が殺到し、購入できた人が即数倍から数十倍の価格で転売する、といったことは珍しくありません。

が、並んで買っても原価割れするNFTも多く、数十回に1回くらいそうしたNFTに巡り会える可能性があるにとどまるため、よほど詳しく全体の様子を調べていない限りは、やけどをします。

総括

NFTは転売目的で買うのはリスキー

以上のことから、転売できることがNFTの特徴として上げられはするものの、価格がつかなかったり、価格が下がります。

よほど、プロダクトや市場に詳しくない限りは、購入した価格よりも転売時は大きく値を下げる可能性が高い、と言う点を理解した上で、転売できるという部分は忘れてNFTに触れていきましょう。

カテゴリー
雑記

ヘンゼルとグレーテル。お母さんは本当に悪者?

子ども向けの絵本は得てして教育として本当にこれをめでたしめでたしと言って良いのか、と思える場面が少なくありません。

ヘンゼルとグレーテール、皆さんご存知かと思います。
今日はヘンゼルとグレーテルのお父さんとお母さんについて考え、このストーリーは本当にめでたしめでたしで締めくくって良いものかを考えました。

今回、読んだのはこちら。

https://amzn.to/39Pp20d





ストーリー

・生活が厳しくなった貧しい一家が、どうしようも無くなり兄妹を捨てることを決める。
・森に置き去りにするも小石を目印に帰ってくる
・再びもっと遠くに置き去りにする
・魔女に捕まりヘンゼルが食べられそうになるもグレーテルが魔女をかまどに放り込む
・魔女の財産を持って家にたどり着くと、母親が死んでいて、父親と抱き合いめでたしめでたし。

最終的に、お母さんは悪者として、死んでしまったことになっています。
本当に、お母さんは悪者だったのでしょうか。

おおむね原作通り

Wikipediaによると、設定が継母になったり、魔女と同一人物であったりと変わることもあるようですが、おおむね原作からこの内容である様子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB

父母の考えが読めるシーン

最初に兄妹を捨てる会話

最初に兄妹を捨てることを決める時、
お母さんは、「子どもたちは木の実をとって生活できる。誰かに拾ってもらえるかもしれない」と、兄妹が生き延びる可能性を説きます。
そんな母親に対して、父親は、子どもたちと一緒にいたいと最初は拒否するものの、承諾します。
貧しさで、このまま家族もろとも野垂れ死ぬしか無いくらいに切羽詰まった中、苦渋の決断だったのではないでしょうか。

最後の食料をもたせる

二度、森の奥へ捨てることになります。
その時、ヘンゼルとグレーテルには残り少ない食料をもたせています。
二回目にいたっては、最後の食料を渡しています。
その後、父親と母親も、そのまま飢えて死んでしまうことを覚悟して、それでも食料を渡したのは、ヘンゼルとグレーテルを愛していたがゆえの行動なのではないか、とも考えさせられる行為です。

自分は悪くない父親

ヘンゼルとグレーテルが一度、小石を目印に帰ってきた時、父親は帰ってきてくれたか!と喜び抱きしめます。それに対して、母親は浮かない顔をします。

子どもたちの幸せの可能性を願って森へ捨てる決断をした中、戻ってこられたら、浮かない顔をしてしまいそうというのも、なんだか想像ができます。
それに対して、一度捨てる決断をしながらやっぱり一緒にいたいと抱きしめた父親。
母親が言ったから仕方なくそうしたんだ、本当は捨てたくなんてなかった、と、捨てておきながら周りのせいにしているのではないか、
また、例え子どもたちが森で飢え死んでしまったとしても、自分は直接手を下していないから悪くない、と言うような、そんな思考も読み取れます。

本当にめでたしめでたしなのか

物語は、魔女をやっつけ、魔女の宝を持ち帰った所、母親が死んでおり、父親と再開を喜んだ所で締めくくられています。
もう離しはしないよと、まるで母親にそそのかされて手放してしまったような、母親が悪かったかのように語られます。

上述ゆえに、父親よりも、母親が本当は子どもたちの事をちゃんと考えて決断し、
逆に父親は、自分の感情で動いているようにも感じ、その後、父親と暮らしていくことは大丈夫なのだろうか、と不安を覚えました。

童話として読むのなら

最終的にめでたしめでたしと感じさせるには、やはり、母親を悪そうなお母さん風に、継母のような意地悪で捨ててこさせようとする読み方をしていくと、良いのかなと思います。
上で改変の例に挙げましたが、改変にはそうした理由があったのかもしれませんね。

そんな、雑記でした。
カテゴリー
Webサイト

ブランクテーマ( sage )でWordPressを立ち上げる

ブランクテーマは、ほとんど何もデザインや装飾がついていないテーマです。

その分、カスタマイズ性が高く、一度やり方を覚えてしまえば新しいデザインに変更する際に、

かなり、なんでも出来るようになります。

今回、ブランクテーマとして有名なrootsのsageをインストールしカスタマイズする方法を紹介します。

というのも、本ブログがWordpressでの制作なのですが、使用するテーマを探そうにもどれも英語版に最適化されているためか、あまりピンとくるものがありませんでした。

さくっと最初から作るついでに、紹介します。

sageとは

https://roots.io/

オープンソースの開発者集団rootsにより作成されたWordpressのブランクテーマです。

元々、「roots」自体がテンプレートの名前だったと記憶してます。

5年程度前の時点で、BootstrapやScss等、Wordpressのテーマとしてはモダンな技術が多く取り入れられてきたテーマです。

最新の物を見た所、LaravelのBladeファイルでテンプレートが記述されており、より一層、カスタマイズがしやすくなった印象です。

https://readouble.com/laravel/7.x/ja/blade.html

インストール要件

Make sure all dependencies have been installed before moving on:
• WordPress >= 4.7
• PHP >= 7.1.3 (with php-mbstring enabled)
• Composer
• Node.js >= 8.0.0
• Yarn

https://roots.io/docs/sage/9.x/installation/#server-configuration

それぞれ環境によってどうインストールするかは異なりますが、Wordpressまでローカルで表示できる環境になったことを前提に、進めていきます。

なお、私の環境はUbuntu20.04なので、ほとんどの人には上記のインストール手順は参考にならないため割愛します。

Sageのインストール方法

Sageをテーマに追加

WordPressのフォルダの./wp-content/themes/にて下記コマンドを実行します。

$ composer create-project roots/sage

すると、sageというフォルダにsageのパッケージがインストールされます。

Composerについては下記からインストールしましょう。

https://getcomposer.org/

外観を変更する

WordPressの「外観」→「テーマ」へ行くと、sageが選択可能になっています。

こちらを選択すると、Sageのテーマが有効になります。

かなりシンプルです。

何もありません。

テンプレートの編集

テンプレートの編集は、./{sage-folder}/resources/以下のフォルダを編集していきます。

コマンドラインで下記を入力すると、ライブコーディングが始まります。

$ yarn start

resourceフォルダ以下のファイルの説明をします。

Index.php : 特に使用しません。

Functions.php : WordpressのFunctionファイル。ここに書くことで、管理画面のカスタマイズ等が行えますが、今回は割愛。

Style.css : ここに書いてもCSSは反映されません。
このstyle.cssは、上の「テーマ」の所等で読み込まれる内容を定義する場所です。
試しにTheme Nameを適当な名前に変えてみると、「テーマ」のページで表示名が変わるので試してみてください。

Screenshot.png : ここも、上の「テーマ」で表示させるサムネイル画像です。誰も気にしませんので白紙のままでもOKです。

StyleSheetの編集の仕方

どこを変えればテーマを編集できるの?

Style.cssを変えても編集できないのならばどうすれば…。

Sageでは、SCSSで記述されたものが、コンパイルされて、
{sage-folder}/dist/以下にcssやjsが出力されます。

出力元のSCSSファイルの設置場所は
{sage-folder}/resources/assets/styles/です。

ここに記述し、yarnを実行することでCSSへ反映されます。

Layoutの編集の仕方

トップページのHTMLタグの編集等は、{sage-folder}/resources/viewsフォルダ以下を編集します。

レイアウトはLaravelのBladeテンプレートが用いられているので、Bladeの記述を覚えましょう。

https://readouble.com/laravel/7.x/ja/blade.html

主に編集するファイルは以下の5つです。

index.blade.php : 記事一覧ページ

page.blade.php : 固定ページ

search.blade.php : 検索結果ページ

single.blade.php : 記事ページ

layouts/app.blade.php : フレーム部分。ヘッダーやフッター等の共通部分が読み込まれます。

SCSSコンパイル時のEsLintの無効化

SCSSのコンパイル時に、特にルールを決めていないと、下記のようにエラーが出ます。

 28:2   ✖  Expected indentation of 2   indentation                             
           spaces                                                              
 28:12  ✖  Unexpected whitespace       declaration-block-semicolon-space-before
           before ";"                                                          
 28:13  ✖  Unexpected missing          no-missing-end-of-source-newline        
           end-of-source newline

このまま続けても良いですが、SCSS等にあまり慣れていない場合は、SCSSのLintingを無効化しても良いでしょう。

下記ファイルのStyleLintPluginの行をコメントアウトします。

{sage-folder}/resources/assets/build/webpack.config.js

    /*
    new StyleLintPlugin({
      failOnError: !config.enabled.watcher,
      syntax: 'scss',
    }),
    */

Yarnのインストールでエラーが出たら

今回、Sageをインストールした際、Yarnで少し躓いたので、エラーの解消方法のみ挿入します。

Yarnは下記でインストールできると表示されます。

$ apt install cmdtest

ただ、自分の環境で実行し、SageでYarnを実行した時に、下記のようなエラーが出ました。

ERROR: There are no scenarios; must have at least one.

Yarnのバージョンが古いとのことで、

Yarnを一旦削除し、パッケージの更新し再度Yarnをインストールすると実行ができます。

sudo apt remove cmdtest
sudo apt remove yarn
curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
sudo apt-get update 
sudo apt-get install yarn

参考 : https://honmushi.com/2020/01/15/yarn-install/

まとめ

これで、かなりシンプルなブランクテーマをまず、編集できるところまで進めました。

Bladeファイルになったことで、WordpressからLaravelを使ったWeb開発にステップアップしたいな…と考えている方への入門となるテンプレートではないかと思います。

次回、Bootstrapを使って、最低限見栄えが問題ないサイトへカスタマイズしていきたいと思います。

カテゴリー
ロボット学習 教育

ロボット教育と息子の将来の夢が決まるまで

今年、長男は小学二年生、コロナで家にこもっていました。

家でゲームや、タブレットを使いゲームをやる時間は多く、外への遊びは無い。

それ以外に何か興味を惹かせられないかを考えた末に、工作はどうだろう、と考えました。

ちょうど、巷のプログラミングスクールではロボットを作ってプログラミングするか、スクラッチかの具合で、スクラッチは既に触らせていましたが、ロボットはまだやったことが無い。

そもそも、できればモニターから目線を離させたい。

ということで、ロボット工作をやってみても良いのではないか。

そんな漠然としたそのうち買おう感がありました。

ただ、ロボット、結構たくさんありました。

どれを買って良いのかさっぱりわからず。

ミニ四駆

そこで、論理なんてすっ飛ばし、ミニ四駆を買いました。

ミニ四駆って素晴らしいんですね。

子どもの好きなものが全部のせってくらい詰まっていて。

組み立てたら動くし、早いし、色んな所にコースが置いてあって走らせて楽しめる。

意外とコースがあるのでおすすめです。

https://www.tamiya.com/japan/mini4wd/circuitguide.html

自分自身はレツアンドゴー世代なので、レツのマシンを入手して、子どもにプレゼントしました。

一人で黙々と作ってくれて、完成させた後、近くのコースを探して遊びに行きつつ、

レツアンドゴーのアニメをネットで見せてみたりしつつ、

小さいコースを購入し走らせてみたりしつつ。

興味の続く限りコンテンツを投入しまくりました。

それなりにハマってくれて、タイヤの種類やモーターを全部手に入れるかのように欲しがってくれました。

ただ、大きいコースだと人前で走らせなければいけないことがネックのようで、数回で行かなくなりました。

コース1万円と、2万円ぐらいパーツも買ったので…いつかまたハマってくれると信じています。

タミヤのロボット

さて、ここから、ロボットに行くのですが、ミニ四駆のタミヤ。

実は教育用のロボット教材もあります。

小学2年生ごろだと、このマークは!!と、同じブランドのものだとすごく興奮してくれました。

作り方はと言うと、さすがはタミヤ。

ミニ四駆が作れればこのロボットも作れます。

この後に、さらに難しいロボットへと移行していくのですが、そこで必要なネジなどは、2mmのネジをとてもテクニカルに固定して回す必要があったりパーツを削ってはめたりしなければならず、親が必要でした。

他にも教育用ロボットはあり、例えばLEGOもロボットを出しています。

我が家はたまたまミニ四駆からのタミヤでロボットと進んだのですが、LEGOからのロボットならば、もっと低年齢でもロボットへと進めたのかなとも思いました。

Micro:bitへの興味

タミヤのロボットは、micro:bitで動いていました。

そのため、micro:bitの本を買い、そこから作れるものを作って見ました。

micro:bitはscratchのように、ブロックをつなげていくことでプログラムができるので、その後プログラミング教育へと移ることも簡単です。

Scratchでのプログラミングには興味はしめさないけど…と言う時は、micro:bitから始めて見ると、楽しいかもしれません。

https://microbit.org/

↓購入した参考書。ミニ四駆のスピードを測るmicro:bitなども掲載されており、ミニ四駆に興味が続いていれば活躍したかもしれない…。

Arudiuno

Arudiunoは、micro:bitと同じような、もう少し高度な電子工作が出来るボードで、その商品もいくつか買ってみました。

ただ、こちらのパッケージで販売されているものの中には、作りが荒く、プラスチックを削ったりしなければいけないものもあったり、海外からの発送の物で、サーボモーター等は別売りのものなどもありました。

↓作りが荒く削らなければいけなかった物

↓サーボモーターや基盤は別売りのもの

上記は、ネジが割とテクニカルな所にあるので、もう少し大人になってからだと楽しめるのかなと思います。

ただ、ロボットアームについては、どういうふうにモーターで制御することで間接が動くのか、という部分には理解がとても深まったのではないかと思います。

Maker Fair 2020

ロボットに興味を持った息子に、さらに刺激を投入すべく、イベントが何か無いか調べました。

その結果、コロナで世の中のイベントがほとんど開催されなくなった中も、ちょうどたまたま、micro:bitのロボットなども出展される、Maker Fairというものづくり展があり、そこに足を運ぶことにしました。

子どもはTICTAC-LABさんのワガラザウルスにとても興味を持ち、将来同じロボットを作るんだと、息巻いていました。

将来の夢が決まる

ロボットコンテンツをミニ四駆からmicro:bi、Arudiuno、Maker Fairとどんどん投入し、

ある時、息子が言いました。

「僕、将来の夢決まった。ロボット作る。」

次回、将来の夢が決まった息子へ、勉強へとつなげた話を掲載できればと思います。

カテゴリー
雑記

Twitterを始めました

ブログを初めたのと同時に、Twitterも始めてみました。

本当は、もう少しブログ記事が出来上がってからTwitterを始める予定でしたが、設定を盛って投稿してみました。

これで3日で辞めたら恥ずかしいので、辞められなくなりました。

三日坊主にならないように、宣言します。

フッターにも書いてありますが、簡単に自己紹介をします。

過去に会社を経営し、現在はフリーランスとしてエンジニアをしつつ、サービスを立ち上げるために奮闘中の2児のパパです。 2020年現在、小学二年生の長男と、入園前の次男です。

飲食店の経営や、ポイントサイトの制作・運営等に携わってきました。

そんな自分が、最近、かねてから教育系のサービスを作りたいと思っていたものの、なかなか重い腰が動かずにいて、

そして、日頃の気づきや学びを誰にも共有せずに腐らせてしまっていたこともあり、自分を動かす場と、学びを共有できる場を探していました。

そこで、今回ブログとツイッターを始めました。

ひとまず、4月に教育関連のサービスを出そうと製作中のため、その時を一つのゴールと設定し、4月までに3000人と繋がれるように、毎日1記事、数ツイートずつやっていきたいと思います。

自己紹介やサービスの概要については、おいおい記事にしていきます。

予定としては、以下のようなスケジュール感になるかなと思います。

・サイト制作(副業しつつ)を2月まで
・β版のめどが見えたら学校法人・塾、大学生等への営業・協力依頼及び壁打ち相談
・β版をリリースし資金調達
・4月ごろリリースと広告活動開始

今日から発信していきますので、何卒よろしくおねがいします。

カテゴリー
小3算数 教育 算数

我が家の小学生教育

現状

まず最初に、現在の我が家の小学生教育状況について説明します。

現在、幼稚園入園前の次男はさておき、

小学生2年生の息子へは、算数、漢字、プログラミングを主に教えてきました。

幼稚園ごろから彼の気が向いた時や、何かほしいものがある時に、じゃあちょっと勉強しようかと、興味のある分野を少しずつ教えていき、

算数では、現在小学3年生の参考書を進め、プログラミングではタイピングは出来るようになり、スクラッチでのプログラミングは自分で作れるようになりました。

教える上で、2種類の方法があるのではと考えました。

・先へ先へと進んでいく方法
・習ったところを応用していく方法

その上で、私自身も小学生・中学生時、父親より一年先の算数、理科を勉強させられてきたので、先に進めば自分自身もそうであったように、先に進んだことの恩恵を受けることが出来る、と、どんどん先に進むことにしました。

先に進むことで受けた恩恵

私自身は、小学4年ごろから一年先の算数をやっていたように記憶しています。

やっている時は、もう、問題の意味がわからず、一問も先に進めない日が続きました。

わからないので答えを写してできたふりをして、バレて怒られていました。

しかし、一年後、いざその部分へ差し掛かった時、ああ、そういう意味だったのかとわかる部分も出てきました。

その結果、算数は得意な分野として、中高でもそのまま得意科目として認識できるようになりました。

先の世界は苦痛だった

ただ、自分自身が子どもの時は、本当に全く問題の意味がわからず、苦痛でした。

あまりに勉強が嫌で、途中で投げ出してわざとテストで0点を取っていた時期もありました。

今考えるととてももったいないですね。

息子には、できるだけ楽しんで勉強をしてほしいと言う課題があります。

そこで、小学生の段階では、基本的には学校の勉強を中心に行い、息子の気が向いた時に先の勉強を教えて、その単元のプリントを課題として挑戦させています。

気の向かせ方は、主に興味をもたせることに力を入れています。

興味を持てば、嫌な勉強も、頑張れるのでは、と、興味を引くために様々な策を講じていくこととなります。

別の記事で紹介しますが、現在進行系では、ロボット学習からロボットを作る人になりたいと言う夢を持ち、図形や物理を勉強したいと、気持ちが向くことになりました。

このブログでは、これまで講じた策を、紹介していけたらと思います。